長野県の求人

  1. 保育求人ガイド
  2. 長野県
長野県の求人
161
161
  • location_on 市区町村から選択
  • directions_subway 駅から選択
  • supervisor_account 職種から選択
  • library_add_check 雇用形態から選択
  • apartment 施設形態から選択

長野県の人口は、2,063,403人(2019年4月1日時点)。待機児童は、50人(2018年時点)です。同県ではこれまで待機児童はいない場合が多かったのですが、近年は、保育ニーズの高まりと保育士不足により待機児童が発生しています。そのため、新規雇用だけでなく、潜在保育士の活用も狙った取り組みが行われています。2015年には、「長野県子ども、子育て支援事業支援計画」が策定し、新規採用だけでなく中途採用や職場復帰にも力を入れています。有効求人倍率が1.69倍(2017年11月時点)です。全国的に見ると保育士の求人数と応募者数のバランスが良いので、比較的働きやすい環境だと言えるでしょう。また、長野県の保育士の年収は337.7万円(2018年時点)と、民間保育士年収の全国平均323.3万円と比較すると約15万円ほど高くなっています。長野県は、保育士にとって働きやすい環境が整っています。

長野県の人口は、2,063,403人(2019年4月1日時点)。待機児童は、50人(2018年時点)です。同県ではこれまで待機児童はいない場合が多かったのですが、近年は、保育ニーズの高まりと保育士不足により待機児童が発生しています。そのため、新規雇用だけでなく、潜在保育士の活用も狙った取り組みが行われています。2015年には、「長野県子ども、子育て支援事業支援計画」が策定し、新規採用だけでなく中途採用や職場復帰にも力を入れています。有効求人倍率が1.69倍(2017年11月時点)です。全国的に見ると保育士の求人数と応募者数のバランスが良いので、比較的働きやすい環境だと言えるでしょう。また、長野県の保育士の年収は337.7万円(2018年時点)と、民間保育士年収の全国平均323.3万円と比較すると約15万円ほど高くなっています。長野県は、保育士にとって働きやすい環境が整っています。