学童保育とは?【目的・運営形態・資格・魅力・苦労すること・向いている人】

小学生の放課後や長期休みの居場所として、学童保育という施設があります。学童保育は今後需要が高まると言われており、併せて学童保育で働く職員の需要も高まるでしょう。今回の記事では、学童保育についての詳しい概要や学童保育で働く魅力などを紹介していきます。また、学童保育で働く際に苦労することや学童保育に向いている人の特徴についても紹介していますので、学童保育への就職や転職を考えている方はぜひ、自身と照らし合わせながら学童保育について理解を深めていただきたいです。

学童保育とは

放課後や長期休みに小学生を受け入れている施設

学童保育とは、放課後や長期休みに小学生を受け入れている施設。共働きやシングル世帯、身内の介護など、様々な事情で子供の面倒を見る時間が確保できない家庭の小学生を対象に、生活の場を提供します。子供達は、保護者がお迎えに来るまで、施設で勉強したり遊んだりしながら過ごします。平日の放課後だけでなく、休日や長期休みの期間にも小学生を受け入れている学童保育は、事情のある保護者や子供にとって欠かせない施設となっているでしょう。

保育士くらぶ

学童保育の目的

適切な遊びや生活の場を提供すること

学童保育の目的は、適切な遊びや生活の場を提供すること。学童保育は、保護者が事情により家で子供の面倒を見れない場合に利用します。つまり、子供達は学童保育を家に代わる居場所として過ごすこととなります。そのため学童保育の職員は、自主学習の場を提供したり、宿題の見守りをしたりして子供達の施設での時間を有意義にさせることが重要です。また、遊びの場を提供し子供達の安全を見守りながら一緒に遊ぶこともあるでしょう。学童保育ではこのようにして、適切な遊びや生活の場を提供していますよ。

学童保育の運営形態

自治体運営

学童保育の運営形態は、大きく分けて公立(自治体運営)と民間の2つがあります。自治体運営学童の対象児は、保護者の就労や疾病、介護などの理由により留守家庭の小学生など。また、延長預かりは無く、受け入れ時間が短い場合が多いという特徴があります。自治体が主体となって運営する学童保育ですが、公立公営の形態だけでなく、運営を民間に委託する公立民営といった形態も存在しています。

民間運営

対して民間運営学童の対象児は、条件や審査がある自治体運営学童とは異なり、小学生ならどの子供も対象です。保護者の事情の有無など関係なしに希望すれば誰でも入ることが出来ます。民間運営学童では、学習塾や習い事を兼ねている施設や、夕食の提供、夜間まで利用が可能といった独自のサービスがある学童が多いのも特徴。自治体主体ではなく、民間企業や社会福祉法人、NPO法人、保護者会などが運営をする民立民営の学童が、いわゆる民間の学童保育なのです。

学童保育で働く職員の役割【職種別】

放課後児童支援員

学童保育には、放課後児童支援員と学童指導員という職員が働いています。ここでは、それぞれの職員の学童保育における役割を解説していきます。放課後児童支援員は、放課後や長期休みに子供達が安心して有意義に過ごせる場を提供する、有資格者の職員のこと。学童保育で働くにあたって必要な知識や技能を身に付けた専門の資格を持つため、子供達を見守るだけでなく、学童保育に関わる管理的業務も担当します。放課後児童支援員として働くためには、各都道府県が実施する研修を修了する必要がありますよ。放課後児童支援員の資格は2015年度の子ども・子育て支援新制度により新設された比較的新しい資格であり、2020年度からは各学童保育に2人以上の配置が義務付けられました。

放課後児童支援員に関する詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください!

学童指導員

学童指導員も、基本的には放課後児童支援員と役割は変わりません。放課後や長期休みに子供達が安心して有意義に過ごせる場を提供します。しかし、放課後児童支援員との大きな違いは資格が必要ないということ。そのため、子供達の見守りのほか放課後児童支援員のように管理的な業務は行うことが出来ません。学童指導員は、通常の業務以外に放課後児童支援員のサポートをするなどの役割を担っています。

学童保育と似た施設との違い【施設別】

保育園

学童保育と保育園の違いは、預けられる子供の年齢層です。学童保育は小学生を対象としていますが、保育園では0歳から未就学までの子供を対象としています。また保育園では子供の身の回りのお世話全般が主な仕事内容となりますが、学童保育では子供の社会性や自主性の育成がメインとなります。年齢層は異なりますが、学童保育は幼稚園やこども園の敷地内で行われているケースも多くあるそうですよ。

放課後児童クラブ

放課後児童クラブは、学童保育の正式名称。国の政策である放課後児童健全育成事業では、名称が放課後児童クラブと記載されています。しかし、放課後児童クラブという名称よりも、学童保育という名称の方が馴染みがありますよね。つまり、学童保育とは一般的な通称であり、正式名称は放課後児童クラブということです。また、自治体によっては学童クラブなど独自の名称を付けている場合もあるようです。

放課後子ども教室

放課後子ども教室とは、小学校の空き教室等を使用して、子供達へ放課後の居場所を提供するとともに、工作や外遊び、体験活動など様々な活動を実施する施設。学童保育との主な違いは目的や対象です。学童保育は家に代わる、いわば生活中心の場ですが、放課後子ども教室は子供達の活動中心の場です。そのため、放課後子ども教室では活動を通した子供達の育成などが主な目的となります。また、対象は親の就労の有無を問わず、全学年の小学生が対象となります。希望すれば誰でも参加することができ、学童保育の子供も参加可能となっていますよ。

児童館

児童館とは、18歳未満の子供が自由に来館することができる児童福祉施設。保育士資格や教員免許を持った職員を配置して、遊びを通じた子どもの健全育成活動を行っています。学童保育との違いは、対象年齢と申し込みの有無。学童保育が小学生を対象としているのに対して、児童館は0〜17歳までの子供と広範囲の対象となっています。また、学童保育は家庭の事情により申し込みを行って利用しますが、児童館は子供が自由に来館して遊ぶことが出来る施設となっています。

学童保育で働く魅力

学習面の支援が出来る

学童保育で働く魅力にはどのようなことがあるのでしょうか。ここでは、学童保育で働く魅力を2つ紹介します。1つ目は、学習面の支援が出来るということです。学童保育では、遊びの場を提供するだけでなく、宿題の見守りなど自主学習の場も提供します。そのため、子供達からの勉強に関する質問や問題の解説を求められる場合が多々あるでしょう。小学生という、これからの学習の土台作りをする子供達に勉強を教え、学習面の支援ができるということに、大きなやりがいを感じる方も多いのではないでしょうか。

子供の人間力の成長に関わることが出来る

2つ目は、子供の人間力の成長に関わることが出来るということです。人間力とは、自立した1人の人間として社会を力強く生きていくための総合的な力。6歳からの児童期は、この人間力を培っていく大切な時期です。学童保育での生活を通して、お友達や他者との協調性や何かをつくる創造力、チャレンジ精神などといった子供の成長に関わることが出来ます。子供1人ひとりの人間力の成長に関わることが出来るということに魅力を感じる人も多いようです。基本的には見守り、時には助言を出すことで子供達の成長を促していきましょう。

学童保育で働く際に苦労すること

体力が必要になる

1つ目は体力が必要になるということです。学童保育のお仕事は子供達を見守るだけでなく、バトミントンやドッジボール、鬼ごっこなど、子供達と一緒に外で遊んだりと体力勝負な一面が多々あります。また小学生の子供達は体力があり、行動範囲も広いためそれなりの体力が必要となってきます。元気に子供達と一緒に遊んで楽しめるよう、日頃の体調管理をしっかりして自身の健康を維持していきましょう。

思春期の子供達を相手にする難しさを感じる

2つ目は、思春期の子供達を相手にする難しさを感じるということです。小学校高学年の子供は特に思春期に差しかかるため、言うことを聞かないなど対応に苦戦する場面が多く出てくるかもしれません。どのように相手にすれば良いのか難しさを感じることがあっても、子供に寄り添い思春期の複雑な気持ちを受け止めて察してあげることが大切ですよ。子供にとっては1人の人間として自我を確立させるための大事な成長過程。このような過程に関わることが出来るという面では魅力的なのかもしれませんね。

学童保育に向いている人

体力に自信がある人

学童保育で働く魅力や苦労を紹介しました。最後に、そんな学童保育で働くのに向いている人を紹介します。まずは、体力に自信がある人です。小学生は、未就学児と比べると体が大きく成長し、エネルギーと活気に溢れています。学童保育では、ゲーム機の持ち込みを禁止している施設が多いため、外遊びをする子供が多いようです。子供達と一緒に遊んであげることも大事なお仕事なので、子供達についていける体力に自信のある人が学童保育に向いていると言えるでしょう。

保育士や教員として働いた経験がある人

保育士や教員として働いた経験がある人は、子供との接し方など、その経験を活かすことが出来るため、学童保育に向いていると言えます。このような経験がある人は、学童保育で即戦力として働くことが期待され、現場から歓迎されることが多いでしょう。また、保育士や教員の資格を持っている人は実務経験があるため、放課後児童支援員の資格も取りやすいです。ぜひ、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

子供と一緒に遊びや学びを楽しめる人

子供と一緒に遊びや学びを楽しめる人も学童保育に向いていますよ。学童保育では、自主学習や集団遊びなど、子供を見守りながら長い時間子供と一緒に過ごすという特徴があります。そのため、子供達と一緒に様々なことを経験していくでしょう。遊びや学びなどの経験を一緒に楽しめ、指導員としても成長していける人に学童保育は向いていると言えます。子供達と積極的なコミュニケーションを取り、信頼関係を築いていくことで子供達の安心して過ごせる場を作っていきましょう。

まとめ

学童保育で働いて子供達に適切な遊びや生活の場を提供しよう!

いかがでしたか。今回の記事は、学童保育についての詳しい概要や学童保育で働く魅力などを紹介しました。学童保育は、家に代わる子供たちの大切な居場所。1人ひとりの子供と関わる時間が長いことから、やりがいを感じることが出来る魅力的なお仕事です。最近は共働き世帯が増えているため、学童保育の需要も高まってきているそうです。学童保育で子供と一緒に成長していきたい方や、子供達に適切な遊びや生活の場を提供したいという方はぜひ、転職先や就職先の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

保育士くらぶ

ABOUTこの記事をかいた人

保育士くらぶは保育士の転職キャリアサポートを行うアスカが運営しています。保育士くらぶ編集部のメンバーは元保育士や幼稚園教諭出身のメンバーを中心に「保育業界をもっと良くしたい!」という思いがあるメンバーが在籍し、日々執筆しています。保育士くらぶでは現役保育士さんが職場で活かすことが出来る、保育のノウハウやネタ、保育学生にとって必要な知識などを発信しています。 アスカは保育士の就職支援を行う会社です。1994年創業。全国で約10万名の保育士、幼稚園教諭の皆さまが登録しています。年間約1万名がアスカを通じて保育園や幼稚園、学童などの施設への就職を決めています。 保育士の求人情報は 【保育求人ガイド】 https://hoikukyuujin.com/ プロフィール入力で園からスカウトを受ける 【保育士スカウト】 https://www.hoikushiscout.com/